読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マクドナルドを夢見る

「私は、自分の胃が夢見るのを知っていた。菓子パンや最中を夢見るのを。私の精神が宝石を夢見ているあいだも、それが頑なに、菓子パンや最中を夢見るのを。」 三島由紀夫の著作「金閣寺」で主人公が金閣寺を放火する直前に菓子パンを食らう場面の一文だ。読…